超スマート社会に向けた4つのソリューション
~次世代へ“つなぐ”テクノロジー~

フジクラ製品が超スマート社会の実現にどのように貢献していけるか、4つのソリューションをご提案します。

IoTを活用した安心・安全・ヘルスケア

超スマート社会の構想では、IoTで様々なモノと人が繋がります。今回は、高齢化社会に貢献する屋内、屋外の高齢者見守りIoT製品、ヘルスケア向けウエアラブル用製品を紹介します。

CPSを支える情報通信

超スマート社会を実現するCPS(Cyber Physical System)。その根幹である、情報通信ネットワークの構築に、当社の製品は数多く使用されております。

次世代モビリティ&エネルギー

超スマート社会の構想では、電気自動車が家庭電源に接続され、そのバッテリーも電力供給網の一部になることが期待されています。将来の高効率化エネルギー社会の実現に貢献する超電導も紹介します。

AIを活用したスマートファクトリー

超スマート社会の構想では、AI(人工知能)の活用が前提となっています。当社では実際の製品製造工程へのAI導入を既に開始しており、その事例を紹介します。

フジクラの”つなぐ”テクノロジーが
超スマート社会/Society5.0の実現を加速させます!

超スマート社会/Society5.0とは、日本政府が我が国の目指すべき未来社会の姿として提唱している、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会です。

下図は超スマート社会の中で、当社の製品がどのように貢献できるかを表しました。当社の従来の事業でもある、電力網、情報通信網を中心に、Cyber Physical Systemが構築されています。
今回のCEATEC2018では、超スマート社会の実現に向けた4つのソリューションをご提案します。

「超スマート社会」とフジクラ製品の図